旨い純米酒と素晴らしい居酒屋のご紹介
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/30(木)
長年に渡り、皆様にご笑覧いただきました 「酒呑親爺の酔って候」、
      
            閉じさせていただこうと思います。


ブログのお陰で、本当に素晴らしい出会いが沢山ありましたこと、人生の歓びでした。

皆様方には、心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。 <(_ _)><(_ _)><(_ _)>
(体調が悪いとか、そういう事ではありません。念のため。)


ブログは閉じても、親爺は毎日、酔って候。


どこかで見かけたら、一杯、酌み交わしてやって下さいませ。


             では、さらば。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/08/24(金)
本日の着弾です。 よく見て下さい、中央の而今。
着弾20120824
八反錦ではありません。 千本錦でもありません。
而今 特別純米 八反千本火入」。親爺的には25種類目の而今になります。

右側の「大田」。三重県伊賀市の大田酒造というお蔵さん。
伊賀というと、るみ子の酒の近くでしょうか。
初呑みです。少し調べてみよう。楽しみです。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/08/21(火)
GW後の五月晴れ、年三さんの肝いりで、こんな会をやりました。
DSCN0350.jpg
皆で集まって、泊まりこみで信州の地酒を呑んじゃおう!という会。

ラインナップと集まったメンバーは、こちら。
DSCN0353.jpg

DSCN0355.jpg DSCN0360.jpg
diansさんの真似をして、定点撮影(?)を試みる。
DSCN0361.jpg DSCN0356.jpg
まぁまぁ、イイ線いってる。(自己満足。

この時は、呑んだだけじゃない。
昼間は、ちゃんと、蔵見学もしたのである。(証拠はこちら。→ 西飯田酒造店(長野県)。)

でも、まぁ、呑みがメインであることには変わりない。
DSCN0359.jpg DSCN0357.jpg
DSCN0358.jpg DSCN0362.jpg

料理は、こんな感じ。この辺りの名物は、鯉料理(だったかな?)
DSCN0363.jpg

合宿のために、群馬や京都、名古屋から駆けつけてくれた(呑み)友もいます。
ありがたいことです。皆に感謝するしかないな。
DSCN0348.jpg
松仙閣での、春の長野合宿。楽しかったです。 次回は、どこで合宿するのだろう。


おまけ。 (〆ラー ならぬ)合宿の〆の、更科蕎麦。
DSCN0389.jpg
12年春の、思い出でした。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/08/16(木)
姪が嫁に行った時、祝い酒として頂いた。酒好きの親爺に、周りが気を使ってくれました。
八海山 純米吟醸 八海山 純米吟醸(裏ラベル)
その姪が、母になりました。

乾杯です。

味は、涙がでるほど、美味しかったです。

若い二人に・・いえ、三人に、乾杯です。

皆さんにも、祝っていただけると嬉しいです。
みのり 伯父として、なにもしてあげられなかった、
姪っ子です。


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
2012/08/11(土)
もうすぐ「屋守」の会があるので、予習(復習)しておこう。

豊島屋本店、創業慶長元年(1596年)。秀吉の晩年、慶長大判の時代。
家康が江戸に入り、江戸城の普請で集まった多くの武士・職人達を相手に、豊島屋十右衛門が神田・鎌倉河岸に酒屋と飲み屋を開いたのが始まり。

江戸時代、ひな祭りのお祝いに「白酒」を売り出して大繁盛。
その賑わいは、長谷川雪旦江戸名所図会』や安藤広重絵本江戸土産』にも描かれ、
江戸名所図絵 (←は、豊島屋本店HPからの転載。)
山なれば富士、白酒なれば豊島屋」と詠われるほどの江戸名物に。
                        1    5 9 6
だから、豊島屋の創業年の覚え方は、「としまやご苦労 ひな祭り」。

その老舗酒屋が、明治になって清酒製造を始め、昭和になって蔵を東村山に移設し、
昭和11年(1936年)に豊島屋本店から酒造会社として分離独立したのが、
豊島屋酒造外観
府中街道・久米川宿の「豊島屋酒造」です。

地下150mから汲み上げる富士山系といわれる伏流水を使い、蔵には水道もなし。
生活用水すべて、ご飯を炊くのも、この地下水です。(↓ひまわり笑顔、ほら咲いた!!から借用。)
タンク
伝統銘柄は「金婚正宗」で、それは、明治神宮・神田明神・山王日枝神社に奉納される唯一の御神酒でもあります。

最盛期には3,000石あった生産量が次第に減り、キューピードレッシングの下請け(前工程)としてみりん等の生産がメインになり、ついには1,000石を割った時、
笑顔こちらの4代目が、豊島ってゆくんだ
と立ち上げたのが「屋守(おくのかみ)」。平成14年のこと。
醸し人九平次を呑んで、その美味さに驚愕。
普通酒メインの量産から、酒質勝負の特定名称酒路線にカジを切ったのです。

屋守のラベルの文字色は、次のようになってます。(↓以下7枚の写真は、升新商店から借用。)
緑(純吟)青(純米中取り)水色(純米中取り直汲)純米(瓶火入れ)
(緑)純米吟醸     (青)純米中取り   (水)純米中取り直汲 (金)純米瓶火入れ

そして、純米生酒が(黒)になりますが、 ついでに肩ラベルの色は、
純米(荒責)純米(おりがらみ)純米(直汲)
(黒)荒責      (橙)おりがらみ   (白)それ以外(直汲み、ひやおろし、袋吊り 等)
となってます。

さらに、
赤(出品酒)(赤)鑑評会出品酒のスペシャル もある。
(↑この写真は、日本酒ランナーさんから。)

屋守の精米歩合は、基本的に50%と55%だけ。 両方とも純吟でも良いのだけど、
純米表記と純吟表記を分けているのは酵母の違い

純米)協会86号 :酸度が低くカプロン酸エチルを多く生産する(7号の3~4倍)。
純吟)M-310酵母:酸が少なくきめ細かな香気を発し、芳香な吟醸酒造りに向いている。

酒米は、これまで八反錦オンリー。(コメ不足の時以外、八反錦しか使いませんでした。)
「屋守」ブランド誕生10年を機に、初めてチャレンジした雄町米。
屋守 純米吟醸 無調整生 雄町 23BY (1)
屋守 純米吟醸 無調整生 雄町 仕込み13号」。

香りは、いつもの屋守と比べると、結構控えめな感じのフルーティー。
口当たり、みずみずしさあり。
でも、それは弾けるようなフレッシュ感ではなく、落ち着いたみずみずしさ。

屋守らしい果実感は、いつものとおり。
しかし、いつもの八反錦よりも、厚みがあるようです。

ジューシーでサラリと呑みやすい八反錦。雄町はボリューム感とコクを感じます。

詰まった旨みが徐々にふくらんで、その厚みの奥からチョイ渋がやって来て、
いつものように、数値(日本酒度:-1.5)ほど甘くは感じさせない〆の酸。

こりゃぁ、旨いっす。
屋守 純米吟醸 無調整生 雄町 23BY 屋守 純米吟醸 無調整生 雄町 23BY (裏ラベル)

== 親爺のお好み度 == ★★★★
・ジューシーで弾けるような八反ヤモリ。
・ボリューミーでコクのある雄町ヤモリ。どちらも、ヤモラーにはたまらんね。

【屋守 純米吟醸 無調整生 雄町 仕込み十三号 23BY】
・原材米:岡山県産雄町、精米歩合:(麹)50% (掛)50%、酵母:M-310
・アルコール分:16度、日本酒度:-1.5、酸度:1.8、アミノ酸度:不明
・製造年月:平成24年7月
・価格:3,360円(税込)/1.8L

豊島屋酒造株式会社
創業慶長元年(1596年)の酒屋が母体。酒造会社の分離独立は昭和11年。
生産量:約1,000石(清酒500石、みりん等500石)
    清酒500石のうち、屋守145石。残りは地元向け普通酒。

・所在地:〒189-0003 東京都東村山市久米川町3-14-10、TEL:042-391-0601
・最寄駅:西武新宿線 東村山駅(約1km。徒歩12~13分ほど。) ⇒ 豊島屋酒造の地図
・代表者:田中 忠行(3代目)、屋守責任者兼麹屋:田中 孝治(4代目)
・蔵見学:要予約。1日2回(10:00、12:00)。土/日/祝日は見学定休日。

【購入したお店】 ⇒ 小山商店 トマリ君の頒布会。


【おまけ】
名刺親爺は、4代目認定ヤモラー会員NO.1。
サイン本屋守の本にも、4代目のサインGET済み。
屋守の会に来るのは、4代目なのだろうか??


 ↓↓ ポチっ ポチっ と ↓↓ ついでにポチっ と ↓↓ ご声援頂けましたら幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。